「プログレス21」の良い点と悪い点                     TOP
 良い点 (1)英語脳を作ることができる。
Listening→Speaking→Reading→Writingの順に学習し、「英語で考える」習慣を付けさせるというのがProgress21の基本コンセプトであり、高校学習指導要領に ある「授業は原則英語で行う」といった点とも合致し方向性も合っている。

(2)検定教科書に比べ高度な内容(特に文法力)が学習できる。
文法解説のレベルがとても高いのがプログレスの特徴です。難関大学受験に必要なレベルの英語力を身につけていくのに最適です。
Book2の後半あたりから高校で学習する内容が出てくるため、意欲的に学習したい人にとってはすばらしいテキストだと言えます。

(3)レッスンごとの長文(READ)の質と練習問題の充実度
英語の教科書には、レッスンごとに長文があります。プログレスの場合、読み物としても面白く、論理的にもまとまった文章ですので、生徒にとっては比較的興味を持ちやすい内容になっています。そして、レッスンごとに用意されている「SPEAK(文法練習コーナー)」の内容がとても充実しており、新出の文法事項をマスターできるように作られています。

(4)Book1〜3までで大学受験に必要な基礎事項がほぼ網羅できること。
Book1で中2の約半分、Book2で高校基礎、Book3で高校2年に習う高度な文法項目まで習得します。マスターする語彙もBook3までで約3,000語になります。
長文も大量で内容があり、自然に社会や歴史、文化などの知識や、教養、道徳、倫理なども学べるように工夫されている点が優れています。
このプログレスを採用しているほとんどの学校がこの1〜3までを中学3年間で、もしくは高校1年までの4年間で学習しますので英語力は相当なものになります。

(5)英語で考える習慣が身につく
検定教科書の場合、文法先行で学習をしますが、プログレス21は、Listening→Speaking→Reading→Writingの順で「聞く・話す」に重点を置いて学習します。
英語で考える習慣がつくように考えられたカリキュラムなので、使える英語力が確実に養えます。

(6)教養を身につけ ることができる。
一般の検定教科書のように、受験対策に焦点が絞られたテキストではなく、
Book1では神戸が舞台で、Book2ではアメリカ、Book3ではイギリスが話の舞台になるので、最新のアメリカやイギリスの話を英文で 読んでいくことになり、興味を持って、楽しく勉強しながら、教養も身につくことになります。
 悪い点 (1)単語や熟語の量 が消化できないくらいに多い。
学習指導要領では中高6年間で学習する単語の数は3000語。それに比べて、Progress21では、Book3までで3000語学習します。さらに、語彙が多い上に、その語彙も大学入試で出るような英文の語彙とは少し異なった形態で、語彙の質も高校の検定教科書や単語集などとは多少異なっています。

(2)プログレスのテキストやワークブックには、問題が少ないにもかかわらず、テキストにピッタリ合った問題集が市販されていないので、演習が十分できない。特に、プログレス21の内容に合った教科書ガイドなどは、一切市販されていないため、家庭での自主学習ができない、という意見も多くあります。学校の進度に遅れないように理解していかないと、苦手となる原因になってしまいます。

(3)旧版のプログレス1に比 べて、文法の扱い(比重)が軽い。
文法の項目自体はたくさんあるが、「文法問題」としての比重が軽く、定着が難しい。

(4)長文の分量が多 く、学習に十分な時間をかけられない。
1つ1つの長文の本数も分量も非常に多い内容になっているが、それに比べて、設問が英問英答で5問程度と、あとは要約の問題くらいしかないので、どうしても長文の内容の確認や演習が不十分になる。


(5)学習内容を文法項目ごとにきちんと理解していかないとたちまちついていけなくなり、結果的に英語嫌いを生み出す危険性があります。
また、自学自習が困難なテキストでもあるため、いったんついていけなくなると後から追いつくのは大変困難になり、生徒の学習面での負担は相当なものとなります。

(6)これがこなせれば難関大学の過去問もやさしく感じるほどレベルは高いと思いますが、 今の入試には出題されず、また一般の受験用教材にも出てこないような古いイディオムや格言、構文にこだわりすぎ、と言う人が多い。
中でも、文法解説のレベルの高さが裏目に出て、授業でもややこしい文法解説に時間が割かれすぎるケースもでてきます。それが原因で英語が苦手になってしまう生徒も少なくないと思います。


 

Progress in English・資格取得に関するお問合わせはnewton-8@mx.biwa.ne.jp  


Copyright(c)2009Progress in EnglishAll Rights Reserved.