フリン先生についてのの情報ページ                                    TOP
2009年2月7日 ロバート・M・フリン神父が天に召されました。享年88歳でした。

六甲学院での30年間、泰星学園での6年間を通じて指導を受けた教え子たちが先生を見送ろうと、平日であったにもかかわらず、通夜と告別のミサに集いました。

非常に多くの方が「Progress in English」という教科書で 英語を学んできましたし、これからも学んでいかれることだと思います。実は、それはある意味で、その人たちがみんなフリン先生の教え子だということになります。

「Progress in English」が私立の一貫受験校で使われている高度な教科書、という認識しか持っていない人もいるかも知れません。また、フリン先生を知らない方もおられると思いますが、しかし、フリン先生が作られた 「Progress in English」は、先生の生き方のすべてと、自らの思想があるのです。

  
  -フリン先生の略歴-
1920 年ニューヨーク市生まれ。カトリック、イエズス会の私立高等学校(4年制)を卒業後、イエズス会の修道会に入る、ニューヨークのフォーダム大学で2年間、文学を学んだ後、ミズリー州のセントルイス大学で3年間、哲学を学ぶ。
卒業後、ニューヨークの高校で英語、ラテン語、ギリシャ語、宗教を3年間教え、 ベルギーとドイツに留学して神学を勉強する。

1952 年、神父として来日。イエズス会のミッション・スクール六甲学院(神戸)泰星学院(福岡)で35年間英語を教え、その指導実践のなかから、オーラル・コグ ニティブ・アプローチに基づいた教科書「プログレス・イン・イングリッシュ」全6巻を著す。
津和野カトリック教会司祭。


◆ フリン先生に関係するその他の情報
ロバート・M・フリン/フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
・「ロバート・M・フリン検定」 なる検定試験があります。
     ⇒ロバート・M・フリン検定


Progress in English・資格取得に関するお問合わせはnewton-8@mx.biwa.ne.jp  


Copyright(c)2009 Progress in English All Rights Reserved.