中高生用ハイレベル問題集・参考書  

                      TOP

主に中高一貫の中学校で、将来、難関国立大学をめざしている生徒が中学〜高校で使う問題集・参考書の一覧です。
数学
・「体系数学
多くの中高一貫校で授業用の教材として使用されている、数研出版発行の数学教育向け検定外教科書。中学・高校における数学の学習内容を、6巻8分冊でまとめている。基本的に学校直販であるが、書店でも販売され一般にも入手可能。

・「高校への数学 」東京出版
中学数学の全範囲にわたり、数学の面白さと楽しさを味わいながら、十分な計算力と思考力および数学的センスを鍛え、 難関高校の入試に対応できる実力を養成することを目的とている。内容の骨格は、“数と式”“図形”にそれぞれ対応した講義と演習

・「線形代数キャンパス・ゼミ 」マセマ出版
一般に非常に難しいと言われる大学数学を、基本さえシッカリしていれば、高校生からでも読める程分かりやすく解説した、本格的な参考書。行列式、ベクトル空間、計量線形空間、ジョルダン標準形など、 線形代数の必修テーマをこれ以上ないくらい分かりやすく解説しています問題集もあります。

・「虚数の情緒―中学生からの全方位独学法 」吉田 武
この本以上に丁寧な解説をしている数学本はない、ともいわれるが、初めの数章はかなり哲学的・教育論的な内容で、人生の参考書ともなりえる。漢字、電卓の積極活用なども他に例を見ない。

・「
目で解く幾何シリーズ 」 東京出版
鉛筆なしで“目で解く”力の養成を主眼にした問題集。中学2年生以上を対象として、幾何の分野を効率よく学習するために、図形だけにスポットを当てている。 問題文も解答文もできるだけ除き、図形を感覚的に理解できるように配慮してある。

・「数学が面白いほどわかる本 」細野真宏シリーズ
累計200万部を突破している大ベストセラー受験参考書のシリーズ。著者の細野真宏氏は、大学受験界の名物数学講師です。このシリーズは基礎力〜応用力を鍛える良書として、数学が苦手な人も分かるような解説が施されています。




英語
・「シリウス21 英語 発展編Vol.2」育伸社
高い評価を得ている育伸社の教材。有名中高一貫校で採用されているが、この教材は一般の書店では販売していない。教科書を扱う販売店か又は、ヤフーオークションなどで購入できることがある。例題が多く、充実している。また問題の幅も広く,特に発展編は、トップレベルの生徒でも解くのが難しい問題がある。標準編もある。

・「最高水準問題集高校入試英語」文英堂
全国の国立・私立の難関高校の過去の入試問題を徹底分析し、最高レベルの最新良問を収録。リスニング問題にも対応できるように、過去の入試問題からさまざまな種類のリスニング問題を抜粋。「模擬テスト」5回分を収録。
難関国公私立校の受験用として使われることが多く、各単元別に「標準問題」「最高水準問題」があり、解説も充実している。成績上位をめざす人にはいい教材です。高校生レベルの問題ばかりで構成されています。

・「
安河内の英語をはじめからていねいに(上)(下) 」東進ブックス
レベル的にはもう一度英語を基礎から勉強したいという人向け。ただ、普通の基礎でなく、受験に結びつく講義です。この講義をきちんと最後まで勉強すれば、まったくできなかった英語もウソみたいに分かるようになるはず。
特に、中学英語に穴がある人には必ず役立つ教材。

理科・社会
・「最高水準問題集高校入試理科 」文英堂
全国の国立・私立の難関高校の過去の入試問題を徹底分析し、最高レベルの最新良問を収録。「模擬テスト」2回分を収録。難関国公私立校の受験用として使われることが多く、各単元別に「標準問題」「最高水準問題」があり、解説も充実している。成績上位をめざす人にはいい教材です。高校生レベルの問題ばかりで構成されています。

・「最高水準問題集高校入試社会 」文英堂
全国の国立・私立の難関高校の過去の入試問題を徹底分析し、最高レベルの最新良問を収録。各単元の始めには、実戦的な技法や知識が短時間で身につくように、出題傾向からみたよく出るポイントを一つのテーマにしぼって整理し、まとめています。「模擬テスト」2回分を収録。難関国公私立校の受験用として使われることが多く、各単元別に「標準問題」「最高水準問題」があり、解説も充実している。成績上位をめざす人にはいい教材です。高校生レベルの問題ばかりで構成されています。

国語・地学
・「出口の国語レベル別問題集シリーズ(基礎編・理論編) 」東進ブックス
易しい良問で、大学入試までの一貫した解き方を身につけ、あらゆる科目の土台となる論理的思考能力を養成。「なぜ」「どうしたら」などの解き方や答えに至るプロセスを徹底的に重視。何度もくり返し読み、論理的な解法を一通り身につけ、その後、実戦演習です。『レベル1基礎編』『レベル2標準編』『レベル3難関編』三冊全部、順次こなしていくのが理想ですが、場合によっては自分の学力や志望校に応じてセレクトしても良い。徐々に難易度が上がっていくので、無理なく高度な学力を身につけることができます。

・「最高水準問題集高校入試国語 」文英堂

全国の国立・私立の難関高校の過去の入試問題を徹底分析し、最高レベルの最新良問を収録。単元別に構成。「模擬テスト」2回分を収録。難関国公私立校の受験用として使われることが多く、各単元別に「標準問題」「最高水準問題」があり、解説も充実している。成績上位をめざす人にはいい教材です。高校生レベルの問題ばかりで構成されています。

・「NHK高校講座(地学)」NHK出版
NHK高校講座は、1年間の視聴を通して高校教育課程の基礎が学べる番組です。もう少しゆっくり、基礎から丁寧に学びたい、そんな高校生にぴったりのテレビ゙授業。少しずつこなしていけば、学校の授業も容易にわかるようになります。 

Copyright(c)2009 Progress in English All Rights Reserved.